全国の変わったお祭り紹介

祭り

全国各地には風変わりな奇祭が今でも開催されています。見ただけでは風変わりで面白い部分だけが目につきますが、お祭りの由来を知ると、すべてにちゃんとした意味があり、だからこそ地元の人たちから愛されて受け入れられてきたことが分かります。

東北地方の夏は他の地方に比べて短いですが、その短い夏の変わった風物詩に福島の大わらじ祭りが挙げられます。日本一の大きな片足のわらじを運んで奉納します。二月の暁まいりにルーツがあり、この暁まいりで奉納された大わらじと合わせて一側の大わらじとなるのです。仁王様の脚に合ったサイズのわらじを奉納したことが由来ですが、のちに旅人の剣客などを祈る意味でも奉納されるようになったのですが、大わらじが揃うことでさらに健脚祈願の意味が強まるとされています。
悪口を言うのはよくないことですが、茨城県には悪口を言う風変わりなお祭りがあります。旧暦の11月に開催される悪態まつりがそうです。天狗役に選ばれた13人が、天狗の祠に向かってお供え物をするのですが、この時に悪口を言い合って悪態をつかないといけないというルールになっています。この時のお供え物を天狗からの妨害に負けないで、奪い取った人にはいいことがあると言われています。
愛知県の鯛祭りもユニークです。インパクトがある鯛のハリボテ五体を、地元の若者たちが担いで練り歩くのですが、当初はハツカネズミだったのが時代とともに大きな鯛に変わりました。

地域のお祭りを盛り上げるためにのぼり旗を

祭り

地域のお祭りを盛り上げるために効果的なアイテムがのぼり旗です。効果が高い理由のひとつが「視認性の高さ」。コンビニチェーン各店に例外なくのぼり旗が設置されているのを見ても明らかです。

その場合、1本だけ出していても効果は低く、5〜6本まとめて設置すると、賑わいを演出するだけでなく、街道沿いの場合、車からでも高い視認性を確保できます。
さらにお祭りに使用する場合は、「エリア展開がしやすい」というメリットがあります。横断幕だと設置場所の確保が大変ですが、のぼり旗であればタテ型でスペースをとらないため、商店街にも手軽に設置でき、お祭り対象地域の店と提携すれば高い周知効果を得ることが可能です。
もうひとつ、のぼり旗の隠れたポイントが「士気を高める」効果です。のぼり旗は戦国時代から続く歴史あるアイテムで、のぼり旗に書かれた文字を見ることによって合戦への士気が高まったといわれます。お祭りでも地域の住民の参加意欲を高めるだけでなく、準備する実行委員にとっても、お祭り成功への士気が高まります。
設置のための専用什器も改良が加えられ、最近では風に吹かれても絡みつかないような防止機能が付いた設置什器も発売されています。
のぼり旗自体は大きく分けて、既成デザインのものと、オリジナルデザインのものに分かれます。「さくら祭り」や「サマーフェスティバル」など一般的な表記でよければ格安で購入できます。独自のお祭り名を入れるオリジナルデザインは多少高くなりますが、毎年定期的に行なうのであれば一度作れば複数年使用できるため、コストパフォーマンスは良好といえます。

田舎の小規模な花火大会やお祭りを楽しむためのポイント

地方や田舎に昔からある、小規模な花火大会やお祭りを楽しむためのポイントをご紹介します。近年、都会に在住の人(特に若い夫婦)に田舎でスローライフをおくることが密かにブームになっています。しかし、彼ら都会出身の人達にとって一番不安になることがあります。それは、田舎の人達とうまくコミュニケーションを取ることができるのかどうかという点です。もちろん、本人達が積極的にコミュニケーションを取れればある程度のことは大丈夫でしょうけれども、地元の生活をスタートさせていない段階ではとても不安になることの一つであることは、否めないでしょう。
そこで一つ、田舎暮らしをする上で、地元の人と円滑に交流する手段をお教えします。それは、その地域に昔から根ざしている小規模な花火大会やお祭りに積極的に関わることです。こういった催しは、普段はシャイな田舎の人達も心を開いて話してくれることがよくあります。ですので、自分達がこれから住む予定の田舎のお祭りなどの催しはしっかりと日時などを把握しておきましょう。そして、ただ参加して楽しむだけではなく、祭りの運営や準備にも積極的に参加して、地元の文化維持や交流に貢献していきましょう。そういった、努力と同時に自分達も存分に楽しむことも大切なことです。祭りなどはそうしょっちゅうあるものではないので、その時期さえ上手く乗り越えられれば、必ずと言っていいほど、地元の人との距離が縮まることでしょう。

真冬なのに開催される日本のお祭りとは?

真冬は寒くてどうしても家にこもりがちになってしまいますね。夏は花火大会があったり、海やプールのレジャーなど遊びに行く機会も多いでしょう。でも全国には真冬でも開催される魅力的なお祭りがたくさんあることをご存じでしょうか。その一部をご紹介いたします。
まず第一に、日本の冬のお祭りと聞いて思い浮かべるのは北海道の「さっぽろ雪まつり」でしょう。こちらは、一度は見に行く価値のあるものです。言わずと知れた真冬のお祭りの王様ですね。会場も3つに分散されていたり、丸一日楽しめるだけのボリュームがああります。その他に北海道には観光地もたくさんありますので、旅行プランも充実しますね。
そして二つ目におススメするのは、冬にしか味わえない「かまくら」を堪能するお祭りです。有名なかまくら祭りは、秋田県横手のかまくら祭りです。市内全体でこのお祭りを盛り上げており、夜もかまくらから光があかあかと漏れだし、幻想的な雰囲気を楽しめるようになっています。そしてもう一つは、栃木県日光市にある湯西川温泉で開催されるかまくら祭りです。かまくらはもちろん、雪だるまもずらりと並びます。かまくらの中でバーベーキューが出来たり、広場には雪で作られた滑り台などもあり、ぜひ家族連れで楽しんでいただきたいお祭りになっています。
どのお祭りも、日本の冬を目一杯楽しめるものです。しかし、その人気がゆえ、例年シーズンには周辺の宿泊施設はとても予約が取りにくい状況になってしまいます。計画は早めに立てるようにしましょう。

参考サイト

北千住で脱毛するならキレイモ北千住がおすすめです。